アロマオイルの効果~香りでさまざまな症状が癒される~


匂いには、人を癒してくれる効果があります。その中でもアロマオイルにはいろんな使い方がありますので、ご紹介していきます。


アロマオイルとは?

アロマオイルは、植物から取り出せる天然の油(エッセンシャルオイル)に、人工的に作られた香料やオイルを足して薄めたものです。その植物の匂いを楽しむことで心と体の健康を取り戻していくことをアロマテラピーと言います。中には天然100%で作られたものもあり、純度が高い方がアロマテラピーには効果があるとされています。


嗅覚は人間の感情や自律神経に直接作用してくれるので、香りによって癒されることが可能です。そのため、ホルモンバランスの乱れから起こるPMS(月経前症候群)にも効果があるとされています。


自律神経に直接働きかけることで、精神の不安を解消してくれるのです。メンタルの不調を改善すると快眠にも繋がりますので、PMSが重い方にはアロマテラピーがとてもおすすめです。さらに、ホルモンバランスを整えてくれるので体の不調も改善してくれるという訳です。


PMSにおすすめのアロマオイル

・クラリセージ

自律神経の安定を促してくれる女性ホルモン“エストロゲン”と似た成分でできています。そのため、気分の落ち込みなど精神的不安を緩和してくれる効果があります。ただし、子宮の収縮作用があるので妊娠中の方は使用を避けてください。


・ラベンダー

リラックス効果があるので、寝つきが悪い方などに最適です。


・ゼラニウム

ラベンダーと同様にリラックス効果があります。また、利尿作用があるので生理中のむくみ改善も期待できます。匂いはローズと似た匂いになります。


・ローズオットー

女性ホルモンを整え、腰痛と生理痛を和らげてくれる効果があります。ローズゼラニウムも似た効果があり、こちらの方が安価なので試しやすいかもしれません。


・イランイラン

官能的な香りと言われているイランイランは、神経の興奮を鎮めてくれるので、快眠効果があります。


・ベルガモット

こちらも神経のバランスを整えてリラックスさせてくれる効果があります。柑橘系の甘い香りです。


アロマオイルの使い方

・入浴時

1~2滴ほどで香りが広がります。もの足りない方は5滴くらいまで入れても良いです。体を温めながら心地良い香りに癒されてください。


・アロマディフューザー

水に好みの香りを数滴垂らして使用してください。いろんな種類がありますので、見た目も可愛いものを選べば、とっても気分が上がりそうですね。


・お湯を入れたコップに

アロマディフューザーが無い方は、コップに入れたお湯にアロマオイルを垂らすだけでも香りが広がります。掃除も手軽に済みますから、アロマディフューザーより楽かもしれません。


・足浴、手浴

全身浴するのがめんどくさいという方は、洗面器に入れたお湯にアロマオイルを垂らして、足や手だけお湯に浸かるのも良いと思います。これだけでも全身がポカポカして温まることができます。


・睡眠時

ハンカチやティッシュに1~2滴垂らして枕元に置くだけで、優しく香りが広がります。また、アロマストーンに垂らしたり、アロマスプレーを作って寝具に吹きかけるのもおすすめです。市販で売っているスプレーもありますし、手作りしても良いでしょう。


アロマスプレーの作り方

★お好みのアロマオイル(精油) 10滴程度 ★無水エタノール 10ml ★精製水 40ml ★スプレー容器(アルコール・精油対応のもの)


まず、スプレー容器に無水エタノールと精油を入れて軽く振りながら混ぜます。そして精製水を加えたら蓋を閉め、再度よく振りながら混ぜる。これで完成になります。劣化しやすいので、2週間以内に使い切ってくださいね。


まとめ

香りによって心身の不調が改善され、部屋が良い香りになって女子力も上がりそう。良いことだらけのアロマオイルは一度試してみる価値がありそうです。そして、効能にとらわれすぎずに自分の好みの香りを楽しむことが大事。匂いには好みがありますし、リラックスできない香りで不眠になったら全く意味がありませんからね。また、PMSによる精神不安には、マッサージで癒されるのもおすすめです。





1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示