• ライター

ストレス太り対策!癒されながら美BODYに


過去記事では、ストレスが引き起こす痩せない原因について紹介しました。


今回は、そんなダイエットの大敵であるストレスとの向き合い方・対策について書いていきます。私も永遠にダイエットを繰り返すダイエット難民でしたが、不思議とストレスを抱えないようにダイエットすると、いつの間にか痩せています。一時期半年で5㎏ほど痩せましたが、筋トレをさぼったらまた少し増えたので、みなさんと一緒にまた頑張りたいと思います。でも焦るのは辞めました。焦っても痩せないからです(笑)この記事を読んで、ストレスを抱えながらダイエットする人が減ってくれれば幸いです。


ストレスとの向き合い方

いくらハードな筋トレを行い頑張って食事制限をしても、ストレスにより腸内環境の悪化や脂肪をためやすい体になっていては、せっかくの努力が報われません。ストレスフリーで楽しみながらダイエットをしましょう。


  • ポジティブな未来を想像する

「どうせ痩せない」などネガティブな気持ちは、どんどん脳へのストレスに。ダイエットはすぐに効果が出ないので焦ってしまいますが、月に0.5㎏~1㎏痩せればダイエットは成功していますので、焦らないことが大事。月に1㎏減っていれば半年後には6㎏減っていると考えれば楽しみじゃないですか?痩せて綺麗になった自分を想像し、体のラインがピッタリでる洋服を着たり、新しい彼氏ができたり、友達に痩せたね!と言われたり、みんなにチヤホヤされる未来を想像しましょう。


「今月も1㎏減ってる。順調だ。痩せるのが楽しみ!」といったワクワクした思考になれば、ダイエットは成功したも同然です。早く結果を出すために月に5㎏痩せるような過酷なダイエットをする方もいますが、ストレスからすぐにリバウンドしてしまう恐れがあります。さらに、急激に体重を減らしたあとは代謝が下がり、前よりも栄養を吸収しやすく太りやすい体になっていますので注意が必要です。


  • 少しの変化に自信を持つ

先ほどもお伝えしましたが、月に0.5㎏~1㎏痩せればダイエットは成功しています。そして、毎日体重計に乗りグラフを付けている人は分かるかと思いますが、体重は水分量などで増えたり下がったり、グラグラと変化します。「昨日全然食べてないのに体重が増えてる…」なんて一喜一憂せずに「こういうものだからしょうがない!湯舟に使って汗流すか~!」くらいのテンションで行きましょう。


一番良いのは、体重計に乗らないことです。私も体重を毎日図っていた時期がありますが、やはり数字が上下するものだと分かっていても、目に見えると悲しくなりますので見ない!代わりに、私はダイエットするとき毎日腹筋チェックをします(笑)「あ、縦線が入ってる!昨日の腹筋が成果でたー!」とBODYチェックが楽しくなります。人によって筋肉がつきやすい場所、脂肪が落ちやすい場所は違うと思うので、全身をくまなくチェックしてみてください。特に筋トレをしている人は、必ず変化してる場所があるはずです。


  • どうしても食べたいときは食べる

特に女性は生理前や排卵日あとなど、無性に食欲が増える時期がありますよね。そんな日は、割り切って気の済むまで食べてください。ここで重要なのは「食べ過ぎてしまった。我慢ができなかった」と後悔したり、自分を責めながら食べるのではなく、「今日はもういっぱい食べる!明日からまた頑張る!」と割り切って、食べることを楽しんでください。すると翌日は「昨日は好きなものを好きなだけ食べられて幸せだった。今日からまた頑張ろう」となります。


私の場合ですが、週に1回はチートデイにしていました。チートデイとは好きなものを食べていい日です。ダイエットを始めて最初の1か月くらいはバランスの良い食事で、お米もちゃんと食べてたし、苦痛ではなかったのですが、たまにジャンクなものが食べたくなる…

そこで週に1回は好きなだけ過食しました。チートデイはバランスの良いものをたくさん食べた方が良いなど、いろんな諸説がありますが私は個人の一番のストレス発散法になれば良いと思っています。現にそれで痩せましたので。次の日からまたバランスの良い食事をすればいいのです。


  • ダイエット仲間を作る!

たぶん痩せたい女性って周りにたくさんいると思うんです。なので、誰かを道連れにしてください(笑)「私バランスの良い食事と、YouTubeのこの運動毎日やってたら痩せてきたんだ!一緒にやろうよ!」と勧誘し、ダイエット仲間を作りましょう。毎日現状を報告し合い、おすすめの運動など有益な情報交換もできます。そして、友達も頑張ってるんだから、負けたくない。と負けず嫌いの人なら、尚更やる気がでるはず。


「体重が減ってた方が3か月後に焼肉おごりね」など勝負をしてもいいでしょう。私はこれでモチベが上がり勝ちました(笑)ですが、無理はしていません。逆に友達は無理した過激なダイエットをするタイプだったので勝てたのだと思います。やはり、ストレスで反動がきますからね。


  • 規則正しい生活を送る

朝早く起き、夜は早く寝る。栄養バランスの整った食事を取る。人間らしい生活をすると自然と痩せていきます。体の体内時計が整って自律神経が安定し、心も安定していきます。仕事上、早く寝れない方も休みの日は規則正しく過ごすなど工夫してみてください。とりあえず朝早く起きて日光を浴び、ラジオ体操をしてからまた二度寝をする。これだけでも体は変わっていきます。少しずつ少しずつで良いのです。ガラっと生活を変えるとストレスになりますからね。


眠いときは好きなだけ寝てください。寝ている間もカロリーは消費されるし、食欲も湧きません。睡眠不足だとストレスで食欲が抑えられなくなることがありますので注意です。ただ、昼寝しすぎて夜に寝れなくなるなら、それも問題なので眠いときは体を動かすなどして、体をシャキっとモードに変換させましょう。


ストレスとマッサージ

指圧・リンパなどのマッサージをした日は、ほとんどの方がとても眠くなります。その理由には下記が挙げられます。

  • リラックスの神経である副交感神経の活動が増える

  • 血行が良くなり冷えの改善に繋がる

  • 疲労感が薄れる

  • リンパが循環し余分な水分や老廃物が流れる

  • 眠気を誘うセロトニンの増加

  • 脳内麻薬と呼ばれるエンドルフィンの増加(多幸感をもたらす)

このように、マッサージをしたあとは幸せホルモンが増え、血流がよくなり体も精神も幸福感に満たされるのです。マッサージを受けて最初は痛いだけの方もいるかもしれませんが、それだけ体を酷使しているということです。


私がエステティシャンとしてオイルリンパマッサージをしているときは、痛いを通り超してくすぐったいというお客様もいました。これは、体の筋肉やリンパが滞りすぎて、マッサージの圧がうまく伝わらずにくすぐったいのです。このように最初はマッサージが苦痛な方もいるかと思いますが、諦めずに通っていけば気持ちの良いマッサージを体験できるようになります。精神的に満たされて余裕ができると必要以上に食事もとらなくなり、ダイエットがうまく進みそうですね。


まとめ

ストレスはダイエットの大敵。ストレスをうまくかわすモチベーションやマッサージの効果についてお伝えしました。弊社のリフレッシュサロンHeartsでは、アイドルの佐藤汐ちゃんがマッサージをしてくれます。可愛いアイドルを見てモチベーションを高めるのも良いですね。さらに、高濃度酸素キャビンもついてますので合わせて利用すれば、贅沢なリフレッシュ時間を楽しめます。


高濃度酸素キャビンの効果

2回の閲覧0件のコメント