パワーストーンとは~正しい浄化や処分の仕方も解説~


占いスピリチュアルが好きな方なら、一度はパワーストーンを購入したことがあるのではないでしょうか?私も一時期、持っていないと落ち着かないくらいハマっていました(笑)今回は、パワーストーンとは一体何者なのか解説していきます。


パワーストーンの正体

パワーストーンとは、地球で長い時間かけて生まれ育った天然石や宝石のことです。これをスピリチュアルの世界ではパワーストーンと呼んでいるのです。


パワーストーンは昔から、魔除けや願いを叶える力があるとされていて、今でも効果を実感できる人が少なからずいることから、秘められた力のある石と信じられています。


中には、人工的に色を入れられた石もありますし、運気上昇の科学的な根拠は証明されていませんが、お守りのような感覚で持ち歩いたり、家に飾ったりするのが一般的な使い方です。


効果

実際のところ、ただパワーストーンを付けているだけでは効果はないと思います。私は昔、初めて恋愛運の上がるパワーストーンのキーホルダーを買ったことがあります。その後、なんと好きな人と付き合うことができました。そのときは「パワースト-ン様のお陰だあぁああ!!!」と熱狂的な信者になりましたが、ただ身に着けるだけで願いが叶うなら誰も苦労しませんよね…(笑)


このときのことをよく思い出してみると、私は好きな人と結ばれるための努力をしていました。可愛くなるための努力や、好きな人の連絡先を聞いたり、自分から告白をしたりと、いろんな行動を起こしていたのです。


そして、パワーストーンを持つことによって、きっと願いは叶うとワクワクした気持ちを常に持ち、毎日ポジティブに過ごしていました。


なので個人的には、パワーストーンを身につけたから願いが叶ったというよりは、身につけることにより波動が高まり、良い方向へ進んだというのが考えられると思います。


パワーストーンが割れる

気持ちの持ちようもあるとお話しましたが、全く神秘的な効果がないとも言い切れません。パワーストーンは、願いを叶えてくれたり厄から身を守ってくれたあとに割れることがあります。使用頻度や扱い方にもよるとは思いますが、固い石がそんなに簡単に割れるでしょうか?


もし割れた際は、「石が守ってくれた」「願いを叶えてくれた」「自分の波動が石よりも上回った」と感謝しながら処分しましょう。


浄化の仕方

石が割れる原因には浄化不足もあります。パワーストーンは定期的に浄化をすることによって、常にパワーを発揮してくれるのです。


・水で洗う、ミネラルウォーターにつける(流水で洗う場合はチョロチョロ出した水道水で数時間流す必要があります)

・水と天然塩を入れたものにパワーストーンを入れ一晩置く

・自然塩を持った上にパワーストーンを1日置き、流水で流す

・太陽に数時間当てる

・水晶の上に置いて浄化

・セージの葉で浄化


さすがに数時間流水で流し続けるのは大変ですよね。塩水につけるか、セージの葉で浄化するのが一番手軽でおすすめです。


処分の仕方

割れてしまったパワーストーンは感謝の気持ちを込めながら処分しましょう。


・自然に返す

元々自然のものなので、自宅の庭などの土に返してあげましょう。公園や山に埋めたり、海や川に流すのは、魚達が飲み込んでしまう可能性があるので避けた方が良いかと思います。


・塩で清めてからゴミに出す

塩で浄化して処分する場合は綺麗な紙に包み処分してください。


・神社やお寺で供養

事前に電話で供養をしてくれるか確認してからお願いしましょう。


まとめ

いかがでした?パワーストーンはお店によってとても高価なものもありますが、値段によって効果が変わるとも言えません。自分がどの石を求めているのか、「これだ」と直感的に思ったものを買うようにしましょう。特に欲しいものが無いときは、今のあなたには必要ないのかもしれませんよ。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示