マッサージ中って寝ても良いの?~リフレッシュ効果を高めるには~


マッサージの最中って気持ちよくてとても眠くなりますよね。「マッサージ中って寝ても良いの?」「寝たら意味がないんじゃない?」と疑問に思っている方もいるかと思います。今回は、マッサージ中の睡眠について解説していきたいと思います。


マッサージ中に眠くなる理由

・副交感神経が優位になる

マッサージ中は副交感神経が優位になるので、とても気持ちよく爆睡することができます。そして副交感神経が優位になると、自然な睡眠へと誘うメラトニンが増えてくれます。このメラトニンには、抗酸化作用があり、体の老廃物を取り除いて疲労回復を促してくれる効果もあります。


・癒し効果

頭を撫でてもらったり、背中を優しくさすってもらうと気持ちが良いですよね。マッサージも人に優しく触ってもらうことで、幸せホルモンが増加して癒しの効果が生まれます。凝りが酷い場所は痛みを感じることもありますので、痛すぎる場合はマッサージ師さんにきちんと伝えましょう。


・幸せホルモンが増える

先ほどもお伝えした通り、マッサージ中は幸せホルモンが増加します。セロトニンやエンドルフィン、オキシトシンといった幸福感を与えてくれるホルモンが増加することにより、ストレスの解消や自律神経が整い快眠へと繋がるのです。


自律神経が整うとホルモンバランスの乱れも改善されるので、心身ともに良いことだらけですね。


マッサージ中に寝るメリット

マッサージ中に寝ても良いのかという疑問に対して結論を言うと、爆睡してしまって大丈夫です!(笑)睡眠に入ると人の筋肉はゆる~くなってくれますので、マッサージの効果がでやすくなります。マッサージ中に睡眠をとると、普段の睡眠の倍以上の睡眠をとったことになるとも言われていますので、かなりの疲労回復効果が期待できるでしょう。


反対に、体が緊張している状態だと筋肉がほぐれにくくなり、老廃物も流れにくいままになってしまいます。ただ、起きている状態が悪いという訳ではなく、マッサージ師さんとの意思の疎通がうまくいかずに、痛いのを我慢し過ぎるのは良くないということです。


凝り固まっている場所はどうしても痛いものですが、耐えればほぐれるということでは無いので、「もう少し優しくお願いします」ときちんと伝えてくださいね。


「マッサージ中に寝てしまっては勿体ない!」と思う人もいると思います。痛気持ちいいと感じる程度の刺激であれば、マッサージの醍醐味をしっかり体験できているでしょう。


痩身エステのマッサージは寝ない方が良い

指圧マッサージなど体質改善や健康を目指したマッサージ中は寝ることがおすすめだとお話しました。しかし、痩せることを目的とした痩身マッサージの場合は、寝ると逆効果なのです。


人が起きているとき、自律神経は交感神経の方が優位になっています。このとき人間は脂肪が燃えやすく代謝も上がっているので、痩身を目的としたマッサージであれば起きていた方が痩せる効果が出やすいのです。


痩身マッサージにも、とても気持ちがいい施術がありますので、どうしても眠くなってしまいますよね。エステティシャンの方と痩せるためのお話をたくさんしながら、頑張って起きていましょう(笑)


しかし、本当に疲れて眠くて仕方がないときは無理して起きているとストレスになってしまいますので、エステティシャンの方に「疲れている」と伝えて眠ってください!ダイエットにストレスは大敵です!なので、しっかり睡眠が取れた日に痩身エステに行くのがベストと言えます。


まとめ

眠ることでマッサージの効果が上がることを理解していただけましたでしょうか?痩身マッサージでは寝ると効果が半減するなど、人間の体ってとても不思議ですね。体の仕組みを理解して効率よくマッサージを受けたいものです。リフレッシュサロンHeartsは、とても落ち着いた空間の個室なのでしっかり睡眠をとってしまってOKですよ。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示