人の肌の色

最終更新: 6月15日


弊社のライブバスが白推しだということで…白い乗り物や色の話をしてきましたが(^^)/


今回は人種によって肌の色が違うのはなぜか…深い…

そもそも同じ人間なのに、人種といった言葉で分けるのが不思議。


でも肌の色も目の色も言葉も、場所によって全然違いますもんね。

猿が人間になったのも不思議だし、生き物って神秘が詰まってる。


さて、地球には、北極と南極があります。

気候の違いによって日々の暮らし方が違うので、進化の仕方も異なってきますよね。


そして、体のさまざまな部分に色の違いが出てくるのは”太陽”のせいなんだそう。

太陽からは、目に見えない紫外線が発せられていて、BBQなどでずっと炎天下の下にいると肌がヒリヒリしてきます。私はすぐ、そばかすが出来てしまうので常に日焼け止め常備!!!!


ヒリヒリするということは、体にとって毒だという証拠で、体はその毒に対してメラニンを発生させます。肌が焼けたあとに黒くなるのは、メラニンが増えた証拠なんだそう。綺麗に小麦色になるならまだ、いいけど…

しみ、そばかすは辞めて~!!!!!


そう、暑い気候のところに住んでる人は、メラニンが増えて黒くなり、寒いところに住んでる人はメラニンが増えず真っ白なお肌に。日本はちょうど中間て感じでしょうかね?


また、目と髪の色も、暑いところに住んでる人は黒い、そこから少し離れている人は茶色、寒いところは青。また、髪の毛がチリチリになるのは風遠しをよくするための進化だそう。(ビックリ)


同じ日本人でも、めちゃめちゃ目が茶色い人がいますが、遺伝などでメラニンの数が少ないんでしょうね。そして美少女としてこの世に生を受け…羨ましすぎる!!!


メラニンが無くなる薬できないかなぁ~( ;∀;)


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示