• ライター

占いって本当に当たるの?

最終更新: 5月28日


“占い”に誰しも一度は興味を持ったことがあるのではないでしょうか?

興味がなくても、知り合いに紹介してもらった占い師にたまたま見てもらう機会があったり

「いや、見てもらわなくて大丈夫です」って言ってるのに、勝手に人の後ろに憑いてるものを言ってくる人とかもたまにいます。


私は占いが大好きで、いろんな占い師さんにみてもらいました。

言われたことがとてもしっくりきたこともあれば、この人は何を言ってるんだ?と思った人もいました。


今までで一番不思議に思った占い師は、手相でみてくれるおじいちゃんの占い師だったのですが、私の手を見て言った一言が「肉厚な手だね~」と。


ほう。


肉厚だから人情に熱いとか言ってくれるのかな?


そう思っていたら次に言われた一言は

「柔らかいねぇ~」


え??


これ何の時間?いかに私の手がムチムチなのか語られる時間?

手をマッサージされながら私の手の感触をずっと褒めていただいたのですが、求めることはそれではない…


15分か30分のコースだったか記憶が曖昧ですが、最後まで手をムニムニ触られながら、ひたすら感想を言われ続けて時間は終了しました。


隣で見守っていた友人は笑いをこらえるのに必死だったのを覚えています。


まぁこんな不思議な人はとても稀だと思いますが。


あとは、ひたすらタバコとお酒を辞めなさいと当たり前?なことを言ってきた占い師さんもいましたね。

確かに、お酒とタバコをやめれば健康になり、早寝早起きがしやすくなっていろんな行動を起こすことができ、人生が豊かになる。というのも一理あります。


だが“占い好き”からすると求めてる言葉がちょっと違う…


「何日にこの場所へ行けば出会いがあるよ」とか、何も言ってないのに悩みを当ててくれたりとか…


この人すげー!!!これが占いかぁああ!!!って思いたい。


でも占いって相性もあるみたいですね。友人がとても当たると紹介してくれた占い師さんが全然的外れだったり、まだ勉強中の占い師ホヤホヤな人がすごい的確なことを言ってきたりと。


今まで鑑定してくれてしっくりきたと思った占い師さんは、私の頭の中にあることをズバリと言い当ててくれました。


ちょっと恥ずかしいのでその内容は言いませんが…

そのときは本当にビクっとしましたね。


その占い師さんにいつ引っ越した方が良いとか、方角とか丁寧に教えていただいて紙に書いたメモを速攻で無くしてしまったので、ぜひまた会いに行きたいと思います。(無くすな)


私が思うに、占い師さんとの出会いも運命というか、人生で起こること、出会う人もすべて意味があるような気がします。


そういう気持ちで過ごしていると、嫌なことがあっても最後には必ずいい方向に進んだりするので、「あぁ、あのとき辛かったのは、この幸せを掴むためだったのか」と思ったりします。


なので、占いが当たっても当たらなくても、辛いことを言われても手をひたすら弄られても(※文頭)

これからの人生の参考程度に心にとどめて、未来を切り開いていくのは結局自分なんだと。


占いとは、そうやって自分に“気合を入れ直す時間”なのではないかと思います。


当社のリフレッシュサロンHeartsは、占いもできるリフレッシュサロンなので、マッサージを受け体を癒しつつ、占いで心もリフレッシュできたら自分を見つめ直す最高の時間になりそうです。


ちょっといい話ができたので今日はこれでおしまい。


41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示