• ライター

塩分補給を忘れずに!~体に効率的な水分補給を~


弊社のアイドル佐藤汐ちゃんの主催ライブ『塩分補給を忘れずに!』すごい盛り上がりを見せていました。毎日セラピストやライブで忙しい佐藤汐ちゃんに代わって、私が塩分補給の大事さをお伝えしたいと思います。


汗をかいたら、塩分補給も必要だと聞いたことはありますが、それは一体なぜなのでしょうか?


汗の仕組み

汗のほとんどは水分でできていますが、塩分(ナトリウム)やミネラルもわずかに含まれています。そして、汗をかいたときに水分のみを補給し続けていると、体内の塩分濃度が下がります。すると、体は塩分濃度を保とうとして、さらに水分を体から排出しようとしてしまうのです。これにより、脱水症状を悪化させてしまう危険性があります。


ただし、塩分の摂取が必要なのは大量の汗をかいたとき。軽めの運動や外出した際にじんわりと軽く汗をかいた程度なら、水分だけでも良いとされています。


ナトリウムの働き

塩分、すなわちナトリウムは筋肉や神経伝達との関係が深いので、不足してしまうと筋肉が痙攣したり、神経障害を起こしてしまう危険性があります。熱中症の症状に筋肉の痙攣が見られるのは、このためかと思います。


スポーツドリンクのメリット

スポーツドリンクには塩分はもちろん、糖分も含まれています。大量の汗をかいたときに塩分と糖分の両方を摂取すると、水分の吸収が促されると同時にエネルギーチャージができるので、疲労がたまりにくくなるというメリットがあります。


また、糖分の中に入っているブドウ糖は腸に素早く届いてくれるので、一緒に塩分や水分も効率よく摂取できるという訳です。ただの塩水を飲むより味も美味しいですし、こうしたメリットがあるなら断然スポーツドリンクを飲む方が良いですよね。


スポーツドリンクが苦手な方は、塩を舐めたり梅干しや干し梅を食べるのもおすすめです。糖分摂取にはチョコレートも良いですね。また、ブドウ糖を多く吸収できるラムネも優秀です。


ポカリスエットとアクエリアスの違い

スポーツドリンクでとして有名なポカリスエットとアクエリアス。この2つの違として、ポカリスエットはアクエリアスよりも少しだけカロリーが高く、体液と似た成分で作られているため水分摂取に適していると言えます。ですが、アクエリアスにはクエン酸が含まれていて疲労回復に良いので、結果的にはどちらも体に良さそうです。


使い分けとしては、栄養分が多くエネルギー補給ができるポカリスエットは風邪のとき、クエン酸が含まれているアクエリアスは運動時の疲労回復に適しています。


ちなみに二日酔いのときもポカリスエットが効果的です。二日酔いのときは脱水症状や低血糖を起こしていますし、食欲も湧かないですよね。こういうときはポカリスエットで栄養を補給して寝るのが一番です。私も二日酔いのときはよくポカリスエットを愛用しています(笑)


体の中の水分

人間の体は6割が水分でできています。胎児のときは、なんと9割が水分だそうです。体内の水分は常に体の中を巡って活動してくれています。各部位の老廃物を吸収してから尿になって流れてくれますので、水分はとても重要なのです。


体の中の水分は、2リットルのペットボトル約1本半分が毎日入れ替わっています。そして体調不良は水分不足によって老廃物が滞ることが原因になることも多いので、1日2リットルは最低でも水分を摂取したいところですね。水分は体温の調整をしてくれる働きもあるので、暑い夏は特に水分摂取に気を使いましょう。


まとめ

いかがでしたか?汗の仕組みや水分摂取についてお話しました。暑い夏を乗り切るために、そして日ごろの健康維持のために水分や塩分の補給はとても大事なのです。普段水分を全く取らないという人もいると思いますが、自分の体を労わるつもりで、こまめな水分補給を意識してみましょう。










1回の閲覧0件のコメント