• ライター

今年の夏は何して過ごす?~暑い日を快適に楽しむためには~


アイドル佐藤汐ちゃんが「今年は暑すぎる~」と呟いていたので、前回は2021年の夏はどのくらい暑くなるのか、熱中症対策についてなどをお伝えしました。今回は、せっかくのお休みの日に「外出したいけど、暑すぎる!」と出掛けるようか悩む方も多いと思いますので、おすすめの過ごし方をご紹介したいと思います。


暑い日は何して過ごす?


・旬の食材を楽しむ

スイカやキュウリの一本付けなど、夏にぴったりの旬の食材は体温を下げてくれる作用があります。ねぎ、しょうが、みょうがなどの薬味類も夏バテを防止してくれるので、お家でそうめんパーティーは」いかがでしょう。流れるそうめんのおもちゃなどを利用すれば、お子さんも喜んでくれそうですね。大人だけでも盛り上がれること間違いなしです。


注意したいのは、冷たい飲み物やアイスなどを食べ過ぎると消化機能が低下し、むくみの原因にもなりますので、エアコンが効いた部屋で「寒いな」と感じたら常温のドリンクや白湯などを飲み、胃腸の弱りを回復させましょう。


また、飲む点滴と言われる甘酒や、梅をシロップに漬けた梅シロップを炭酸で割るなどして楽しんだり、脱水症状を防ぎつつ、お家時間を楽しく過ごすのもおすすめです。


・家で娯楽を楽しむ

冷房の効いた部屋で、ゆっくりと娯楽を楽しみませんか?海外ドラマを一気に見るのも良いですよね。ビアガーデンの気分で、昼間から冷えたビールなどお酒を飲んで贅沢な時間を過ごしてみましょう。


また、プラネタリウムのアプリがありますので、家の中で満天の星空を眺めるのも有意義な時間になりそうです。


かき氷を食べに行ったり海辺のお店に行く

夏の定番であるかき氷は見ても食べても涼しい娯楽です。フワフワのかき氷を口に入れた瞬間に溶けてしまう感覚はたまりません。もちろん家で作っても楽しいですよね。


海辺のレストランやカフェで景色を眺めながら食事を楽しむのもありです。海へ行くと暑いですが、涼しい店内で海を眺めながらいただく食事は最高です。


・自然が豊かな場所へ行く

アクティブに過ごしたいという方は、自然の多い清涼スポットへ出掛けてみましょう。緑が多い場所や川の近くは温度が低くて涼しいですし、普段できない体験をしてリフレッシュできそうですね。都会の方にも自然スポットはありますので、いろいろ巡ってみても楽しいかもしれません。


川でしたら、ボートでアクティブな川下りを体験できるラフティングなど、いろんな遊び方があるのでアトラクションに乗った気分で過ごせそうです。


他にも、滝を見に行ったり鍾乳洞を探索してみるなど、ワクワクするような休日を楽しんでみてください。


船に乗る

水上バスや屋形船で優雅に食事を味わうのはいかがでしょう。昼と夜では違った景色が見られますので、観光気分で美景に酔いしれてみてください。日常を忘れてロマンティックな時間が過ごせるはずです。


水族館へ行く

施設の中は涼しいですし、水中で気持ちよさそうに泳ぐ魚たちを眺めれば海の中にいるような気分を体験できます。アシカやイルカショーで水をかけられるのも醍醐味ですね。


避暑地へ日帰り旅行

関東には軽井沢や草津などの比較的涼しい避暑地がたくさんあります。花畑のある観光スポットやスパリゾートでリフレッシュしてみるのも魅力的ですね。浴衣を着て歩いたり、レストラン列車に乗って外の景色を眺めるのも良いのではないでしょうか。


また、日帰りでもホテルの屋内プールや屋外プールを利用できるところもありますので、リゾートに来た気分で快適に泳ぐのも贅沢ですね。


まとめ

今年の夏はどのように過ごしますか?体調管理に十分気を付けながら、心に残る思い出を刻んでいきましょう。



2回の閲覧0件のコメント