水をたくさん飲むと痩せるって本当?①~水ダイエットのやり方紹介~

最終更新: 8月31日


前回、マッサージ後に水分を取った方が良い理由とは?の記事で、マッサージの施術を受けたあとは水分をしっかり摂取した方が良いとお伝えしました。そんな体にとって大切な水分ですが、「痩せたいなら水をたくさん飲んだ方が良い」と聞いたことがありませんか?水とダイエットには、どのような関係があるのでしょうか?


水分の役割

水分はコーヒーやジュースでなく、純粋な水分であるお水から摂取することをおすすめします。水分が体の中で行う役割は、体の中の血液やリンパといった体液の循環をスムーズにしてくれということです。血液のほとんどは水分でできていますので、水分が不足していると血液がドロドロになってしまうのです。


栄養を体の中で吸収したり老廃物の排泄を促すためには、血流をよくすることが大切なので、水分は体にとってとても重要な存在だと言えるでしょう。


水のダイエット効果

水を飲むと、次のようなメリットが得られます。


・痩せやすくなる

水分の摂取が上手にできていると、血流が良くなると先ほどお伝えしましたね。そして血流が良くなることで、代謝が上がり痩せやすくなります。代謝が上がれば新陳代謝もあがり、体の中の老廃物の排泄がスムーズになるのです。新陳代謝は体内の不要なもの、古いものを外に出してくれる力で、肌のターンオーバーやまつ毛が生え変わったりするのもそうです。


・むくみにくくなる

老廃物の流れがスムーズになるということは、体の中に余分なものが溜まらないということなので、むくみ知らずのスッキリした体になれます。


・便通がよくなる

老廃物の排泄は便や尿、汗から行われますので、体の循環機能が上がれば便通もよくなります。便秘が続いてしまうと、腸の中に悪玉菌が増え、さらに便秘になってしまうという悪循環を引き起こしますから、しっかり水分摂取をしていきましょう。


・満腹感

食前に水を飲むことで胃が膨らみ、満腹感を得られることができます。いっぱい食べる人にとっては、「全然満足感がない…」と思う人がほとんどだと思いますが(笑)しかし、水を飲んでから食事を摂取するのと、水を飲まずにいきなり食事を摂取するのとでは、空腹具合にだいぶ差が出ますので、ぜひやってみてください。


水ダイエットのやり方

水分摂取のポイントは、こまめに水を飲むということです。朝起きてからすぐ、食事前、お風呂の前後は特に意識してお水を飲んでください。起床後すぐにコップ1~2杯のお水を飲むと、胃腸も一緒にシャキっと目覚めてくれるので便通をよくすることができます。


そして先ほど述べたように、食事の前にお水を飲むと空腹感が和らぎますし、お風呂は汗をかくので前後に水分摂取をして血液がドロドロになるのを防いでください。また、仕事やテレビに集中していると、つい水分を取ることを忘れてしまいがちですが、こまめに水を飲む習慣をつけましょう。


水の量としては、1日2リットル~2.5リットルが良いとされています。ここで注意したいのが、冷えたお水を飲み過ぎると体温が下ってしまうので免疫の低下に繋がり、逆に不健康な体になってしまいますので常温か白湯を摂取することをおすすめします。


普段あまり水分を摂取しないという方が水ダイエットをやり始めた最初は、突然水分量が増えたことで体の循環が追い付かず、むくんだり太ってしまう可能性があります。水を飲む習慣が今まであまり無かった方は「2リットル飲まなきゃ」と意気込み過ぎずに、少ない量から体を慣らしていきましょう。


ちなみに、一番のおすすめは水ですが、カフェインの入っていないルイボスティーなどのお茶でしたら水分として摂取しても大丈夫です。カフェインは快眠の妨げになりますし、利尿作用があるので水分摂取どころか脱水を引き起こしてしまうので注意が必要です。




4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示