責任感がある人の特徴とは?③~どんな発言が多いのか~


責任感のある人は、どのような発言が多いのでしょうか?会社で「もっと責任感を持って仕事しなさい」などと言われてしまったことがある人は、責任感がある人の特徴をとらえて、上司に「この子、最近良い風に変わったな」と思わせましょう!


責任感がある人の発言

・愚痴や悪口を言わない

悪口や愚痴は、いつ誰に伝わるか分かりません。責任感がある人は、自分の言動にきちんと責任を持っているので、軽はずみに周囲と悪口を楽しんだりしないのです。自分の言ったことが相手を傷つけたり、自分の尊厳にも関わることを分かっていますし、常に真心を持って周りを見ているので、注意するなら相手に直接言います。悪口を言う人は責任感がなく、周りに流されやすい人だと言えます。責任感がある人は自分本位な人ではないので、悪口は気持ちがいいものではないと分かっていますから、楽しむなんてことはしないでしょう。


・周りを守る

先ほども述べたように、責任感のある人は、常に周りの人のことを考えています。仲間の失敗は自分の失敗と捉え、「責任は自分にある」と考える思考の持ち主です。もちろん友人関係だけでなく、部下のミスも自分の責任だと本気で考えます。責任感が強いあまり、思い詰めてしまうこともあるので、周囲がフォローしてあげることも必要でしょう。


・自分本位でなく周りも見る

「私が」「自分が」と常に自分のことしか考えていない自己中心的な人とは反対に、責任感のある人は周囲のことを本気で考え、心配し、成功を共に喜びます。「私が仕事をやりやすくするために」ではなく、「みんながやりやすくなるためには、どうすればいいのか」を考えて行動することができるので、リーダーには責任感ある人が抜擢されるのです。


・困っている人を見過ごせない

仲間が困っていると「なんか手伝う?」「私がなんとかするよ!」と、ついつい世話を焼いてしまいたくなる性格の持ち主なので、もしかしたら、おせっかいと言われてしまう場面もあるかもしれません。しかし本当に助けを求めている人にとっては「神様だ…」となりますよね(笑)兄弟のピンチにかけつける長女や長男に多い性格ではないでしょうか。最後まで手を抜かずに助けようとする責任感と使命感があるので、必ず力になってくれる心強い存在です。


・なんでもやろうとする

責任感が強い人は、断るということをあまりしません。断れないのです。頼まれたことは、なんでも「了解しました」と言ってしまうことが多いです。そして必ず成し遂げようとしてしまうため、キャパオーバーになってしまう可能性があるので、なんでも責任感が強い人に任せるのは辞めてあげてくださいね。


・意見がコロコロ変わらない

発言に芯があり、矛盾がありません。自分のミスはきちんと認めて周囲の意見を聞きますが、意見をコロコロ変えるといったことはせず、責任を持った言動をします。発言に一貫性があるため、周囲からの信頼も厚いでしょう。言ったことがコロコロ変わる人は、あまり深く考えていないか、周囲に流されやすい性格、もしくは自己中心的な人だと言えます。また、天才肌の人は、いろんな発想が浮かび過ぎて思いついたことを次々述べてしまい、一貫性が無くなってしまう場合があります。


・正直者

嘘をつくという行為は、とても無責任な言動なので、責任感が強い人は嘘をつきません。自分の発言に責任を持って真実を伝えます。アニメでも、責任感が強いキャラクターはバカ正直な人が多いですよね(笑)現実世界の責任感が強い人は、正直ですが空気を読むことはできます。しかし、時には嘘をつかなければいけない場面もあるかと思います。そのときは責任を持って嘘を背負う覚悟があるのでしょう。


・口が軽くない

「誰にも言わないでね」と言われたら、その使命を全うするために決して誰にも言いません。責任感がある人はとても口が堅いのです。恐らく、なにがあっても言いません(笑)確証の無い噂話を言いふらすなんてことは論外です。人に言いづらいことを相談するときは責任感が強い人をきちんと見分けることをおすすめします。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示