責任感がない人の特徴とは?


トラックの運転手には責任感のある人が向いているとお話してきました。そして責任感がある人は仕事も人間関係も円滑にすすめることができますが、反対に責任感がない人の特徴とは、どのようなものなのでしょうか?


責任感がない人の特徴

・気分屋

責任感がないので、意見が自分の気分でコロコロ変わってしまうのが特徴です。発言がコロコロ変わるため話に中身は無く、聞いている人はポカンとしてしまいます。


特に、仕事での意見がすぐに変わってしまうと、周りの人は「またどうせ意見が変わるかもしれないから適当にやるか」と真剣に手伝ってくれなくなる可能性もありますし、意見が変わるせいで作業がスムーズに進まず、多大な迷惑をかけてしまうことになります。


気分屋は、柔軟性があるということではありませんから、信念を持って仕事に臨みましょう。


・三日坊主

三日坊主は、責任感がない人の代表的な特徴です。最初はすごくやる気になり周囲も期待しますが、ちょうど3日経つと完全に別のことに気をとられているでしょう。


自分の気分次第で動くので、責任を果たすためにモチベーションを上げ続けることはせず、やる気スイッチはすぐに消えてしまいます。気分屋さんの周りには、同じように気分屋の友人が多いため、「その仕事は明日やれば良いじゃん~今日は飲みに行こうよ~!」と誘われれば、仕事そっちのけで飲み会に行ってしまうフットワークの軽さを持っています。


そのフットワークの軽さは、別の所に活かしましょう。


・後先考えない

責任感のある人と違って、慎重に物事を考えることができず、周りの人のことは見えていません。計画性も無いので、その場を取り繕うだけの薄っぺらい意見を言うのが得意でしょう。


責任感のない人は、基本的に「その場が良ければ大丈夫」「大事なのは今でしょ!先の事なんて誰にも分からないぜ!」という思考の持ち主です。もちろん今も大事ですが、自分の発言によって、「周りに迷惑がかからないか」「この仕事の進め具合で大丈夫か」など一度立ち止まって、冷静に考えることが大事です。


・雑

「え?そんなに大雑把で良いの?」と周りが心配してしまうくらい、責任感のない人は雑に作業します。人への対応も雑なので、クレームを招きやすくなるのも特徴です。


後先考えずに気分で物事を決めるので、深く考える、綿密に計画するという作業が苦手なのです。同じ部署にこういう人がいたら、自分が計画したリストを渡して任せてあげる方が仕事がスムーズにすすむでしょう。


また、重要な仕事を任せてしまうと、依頼した人の責任問題になってしまう危険性があります。


・嘘つき

責任感がある人の特徴とは?③~どんな発言が多いのか~の記事では、責任感のある人は、自分の発言に責任を持っているので正直者だとお伝えしました。しかし、責任感のない人はその真逆。自分の言動に責任が全くないので、平気で嘘や悪口を言いますし、噂話もすぐに広めてしまいます。


いわゆる、信用できない人です。あまりに嘘をつきすぎると周囲から相手にされなくなるので、職場では浮いている存在でしょう。


職場での愚痴を誰かに言いたくなった場合は、信用できる人かしっかり見極めましょうね。


・やる気がない

何事にも無気力で向上心がないため、「なんかどうでもいいや~」と思っています。そういうやる気の無さが責任感のなさに繋がっていますので、うまくやる気を引き出せることができたら責任感を持ってくれるかもしれません。もしかしたらですが…


・自分のミスを認めない

責任感がないので、自分の非を認めず、とっさに自分を守るため人のせいにします。「私のせいじゃありません。〇〇さんが…」という言葉が口癖になって、周囲も呆れてしまうでしょう。責任感のある人は決して自分のミスを人に押し付けたりしないのです。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示